傷ができたら消毒をするのかしないのか

各家庭には常備薬などを置いているかもしれません。
風邪薬、頭痛薬、腹痛を止める薬などを置いているはずです。
その中には傷を治療するのに使うものもあるでしょう。
ばんそうこうであったり消毒薬等は小さい子供がいる家庭では必須でした。
料理の時に傷ができた時にも使うことが多いです。
では傷ができた時の医療的措置として消毒薬を使ったりばんそうこうを使うのが良いかです。
消毒薬の目的は、傷口を消毒することです。
傷口は体外にいる細菌などが体内に入りやすくなります。
それを防ぐために行っていましたが、実は消毒をすると傷が治りにくくなることがあります。
体に備わっている治す力を弱めることがあります。
消毒薬を使うよりも重要視されているのが、傷口を水で洗い流す行為になります。
汚れなどがあればそれで流せますし、体に入ってほしくない菌も洗い流せます。
その後にばんそうこうやガーゼをするかですがそれもあまりよくありません。
最近はスプレータイプのばんそうこうなどがあります。
こちらを利用すると良いでしょう。

歯ならびを美しく整えるクリニック

新規導入に最適な健診システム

練馬区大泉学園の歯医者「よしかわ矯正歯科」

機能的・審美的な歯になるように治療を行います

患者様に寄り添う三軒茶屋の歯医者

関連記事

  • 春になると虫の活動が活発になります。
    蜂も活動を始めるようになり、花の周りを飛び交う様子を見る …

    詳細はコチラ

  • 日常生活をしている時、体に何かが強く打ち付けられることがあるかもしれません。
    スポーツなどのト …

    詳細はコチラ

  • 体には多くの骨があります。
    骨同士がつながっている部分もあれば、単に重なっているだけの部分もあ …

    詳細はコチラ