打撲があったときにはどんな措置をすべきか

日常生活をしている時、体に何かが強く打ち付けられることがあるかもしれません。
スポーツなどのトレーニングであれば、プロテクターをつけたり、力を加減したりします。
しかし、それ以外の時はかなり強く打ち付けられることもあります。
自動車のトラブルなどで強い打撲を受ける時もあります。
まず打撲があると強い痛みが走ります。
動かせないぐらいの痛みの時もあります。
まずは打ち付けた部分を確認して安静にします。
できる措置としては水で冷やすなどになります。
その後痛みが強くなると骨折などの可能性があるので医療機関などを受診します。
痛みが引いてくればしばらく様子を見ると良いでしょう。
翌日などに動かして痛みを感じなければ、内出血などがあっても特に治療は必要ないでしょう。
翌日に痛みが続いているときには、骨や内臓などに影響している可能性があるので病院を受診します。
外から見ても何もなくても、体の中で大変な状態になっているかもしれません。
早めの治療が必要になります。