捻挫はどんな状態でどんな治療をするか

走ったり歩いている時、足首がねじれて鈍い音が出ることがあるかもしれません。
その後次の一歩を出すと激痛が走って歩けない状態になります。
ねじったときに強い衝撃が足に伝わり、何らかの異常が発生した可能性があります。
ただ、これだけだと足の中でどんな状態になっているのかがわかりません。
外科の病院などに行くと、まずレントゲンを撮ります。
折れていれば骨折で、関節が外れていれば脱臼や亜脱臼になります。
レントゲンで見た時に異常が無ければ捻挫の可能性が高くなります。
レントゲンで異常がないなら問題がないかですが、足の骨についている靭帯や腱が損傷している可能性があります。
靭帯や腱は、骨ではないので将来的には切れていてもつながります。
しかし、そのまま歩こうとすると刺激が継続するので、簡単には治らず、元に戻らない可能性もあります。
医療的な措置としては、ねんざの部分を一定期間固定します。
これによって靭帯や腱が元の状態になるのを待ちます。